キネシオテーピング法について

キネシオテーピング法誕生まで

加瀬D.C.は西洋医学に疑問を持ち始めていた頃、リウマチ治療に効果を上げている「超低温療法」の話を耳にしました。
その療法では、テープを使って変形した関節を元に戻すというのです。
これは今までの、一度変形した関節は元には戻らないという理論とは正反対です。

加瀬D.C.はそのことに注目しました。

さっそく米国よりスポーツテープを取り寄せ、試してみることにしました。
しかし、何度やってもよい結果は得られませんでした。ここからが研究の始まりです。

どうすればよいのか試行錯誤の繰り返しです。そして、とうとう病気の原因は筋肉にあることを突き止めました。そしてテープは固定してしまわないで、筋肉に沿って貼ることを考案したのです。従来のスポーツテーピングは、関節をガッチリ固定してしまう、それが常識でした。最初に正反対の理論に注目し、そしてそこから更に正反対の方法をあみ出したのです。
これにより、なんと今まであった痛みがその場で軽くなったり消えたりしたのでした。

キネシオテックスの開発

怪我や何かで伸びすぎてしまった筋肉や、収縮してしまった筋肉は、健康な筋肉の伸縮率を失っています。

それらをサポートするには、健康な筋肉と同じ伸縮率を持っているテープを開発する必要がありました。そして、ノリの付いたテープを人肌にピッタリくっつけますので、皮膚への不快な影響も重要なテーマでした。機能だけではなく、人に優しくあるための研究開発は、2 年も続けられました。

そして、接着剤や通気性などの改良を重ね、ようやく人間の筋肉の伸縮率に近い、皮膚を約10ミクロン引き上げることのできるキネシオテックスが誕生しました。この様に、「キネシオテックス」はキネシオロジー(運動機能治療学)から生まれたテープなのです。

キネシオテーピング法の歴史

1980年 キネシオテーピング法考案
「キネシオテックス」と命名 治療界を中心に普及が進み療法の一つとして注目を集める
1983年 キネシオロジー(運動機能学)の研究所及びクリニックである(株)健医会設立
1984年 キネシオテーピング法の普及を目的に全国キネシオテーピング協会設立
1985年 キネシオテックスの販売会社として(株)キネシオを設立
全国各地でセミナー講演会を開催
第1回キネシオテーピング臨床研究発表会開催
1986年 米国・ブラジル・韓国・台湾など海外でも注目を集め、シカゴ・サンディエゴ等でキネシオテーピングセミナーを開催
1988年 ソウルオリンピック日本女子バレーボールチームではキネシオテーピング法が正式に採用され、キネシオテーピングトレーナーが随行、大きな成果を上げた新応用クライオセラピー(冷却療法)考案
1990年 筋スラッキング(弛緩療法)考案
1991年 地方自治体、教育委員会が主催するキネシオテーピング法のセミナー講習会がスタート
1995年 「全米アスレチック・トレーナーズ協会(NATA)」に招かれ、プロ野球メジャーリーグ、プロ・フットボール等のプロトレーナーにキネシオテーピング法の実施指導
1996年 「全米プロ・アスレチック・トレーナーズ協会」総会で講演、メジャーリーグ7球団のスプリングキャンプでキネシオテーピング理論が認知された
1997年 現地法人キネシオU.S.A.設立
1998年 キネシオテックスカットタイプ発売 ブリスターパック各サイズを発売
1999年 第15回記念キネシオテーピング臨床研究発表会世界大会開催
オランダ・ドイツ・アメリカ・台湾・韓国より学術研究発表
2000年 年 米国老人保険にて取り扱い認定
韓国でキネシオテックスが医薬部外品として認定される
理学療法学会誌に取り扱われる
このページのTOPに戻る