キネシオテーピング講座説明

ようこそ!キネシオテーピングの世界へ!

キネシオテーピング法が加瀬建造D.C.より考案開発されてから、早30年以上が経ちました。
今ではさまざまな学術臨床を通して、世界50か国以上で一般障害からスポーツ障害、内科的と幅広い疾患に対するテーピング法として知られています。

キネシオテーピング法は、単なる「貼り方」を教える講座ではありません。
それぞれの「痛み」がどこから来るのか、その原因を8つのスクリーニングテスト・ 関節可動域からの筋肉の特定や、筋肉以外の靭帯~テクニックとの組み立てによる「見立て」により施すことができる療法です。

10(人)の症状には10(種類)の原因があります。
それをきちんと見立てることの出来る技術と知識が必要とされています。
そのような「見立て」をマスターし、テーピングのプロとなるまでの技術・知識の習得を一連のプログラムに基づくカリキュラムになっています。

キネシオテーピングの講座体系

キネシオテーピング法にとって、キネシオテーピングの各講座の習得は大きな柱です。講座を受講し、キネシオテーピングの理論を知ることは、とても重要なことです。
これから紹介する講座をマスターすることで、より一層キネシオテーピング法を理解できます。各講座を修得し、あなたもキネシオテーピング法の見立てを、より深く学んでください。

キネシオテーピング法の学習の流れ

第一章 ベーシックセクション

ベーシックとは基礎、基本という意味です。この講座では、キネシオテーピング法の基本分野、基礎知識を学習します。

基礎講座

第二章 コンデショニングセクション

コンデショニングとは、身体の調整、体調を整えることを意味します。
コンデショニングセクションでは、部位別に上肢編と下肢編の2講座があります。
この講座では、キネシオテーピング法独自の人体の見立てと、それに基づいたテーピング法を学習します。

部位別(1)講座

部位別(2)講座

第三章 部位別セクション

部位別セクションでは、関節の動きとそれに関わる筋肉群から障害のある筋肉を見立てる方法とそれに基づいたテーピング法を学習します。

部位別(3)講座

部位別(4)講座

第四章 病態別セクション

病態別セクションでは、2つの講座があります。
講座では、障害部位に対するテーピングテクニックや全身の症状に対するトータル的な見立てを学習します。

コレクションテープと特殊テープ講座

特殊テープ講座

このページのTOPに戻る