お知らせ

会長の新年ご挨拶

date:2020/01/06(月)

明けましておめでとうございます。
今年は日本でオリンピックが開催されます。
オリンピックは、日本のみならず世界中の人が楽しみにしているスポーツの祭典です。


昨年、日本で開催されたラグビーワールドカップにおける日本代表の活躍は素晴らしく、日本中が本当に歓喜に湧き「One Team」になりました。
今年の夏にオリンピック競技を観戦される方は、いろいろな競技を実際に競技会場にて見ることが出来ます。
今からワクワクしているのではないでしょうか。
「スポーツ競技」、「選手」を通して我々は感動を与えてもらえます。


オリンピックでメダルを取ること、スポーツ競技で勝つことは確かに嬉しいし、今までの努力が報われた結果です。
ただ、本当に重要なのは勝つまでのプロセスだと私は思います。
何もしないで勝ち続けることは、まずありえないのです。
ハードな練習に耐え、試合や勝負に負ける悔しさを味わい、ケガで苦しむ経験など何度も挫折を体験しそれを乗り越えた先に「勝利」という結果が得られるのです。


そこに行きつくまでの経験が多ければ多いほど、選手も、それを応援している仲間や観客の喜びや感動が大きくなっていくものです。


いろいろな競技やスポーツでキネシオテーピングを愛用されている選手、トレーナーはいらっしゃいます。
協会の会員の中にも、ケガで苦しむ選手や試合に出られず結果を出せなかった選手などのケアしている方が多くいることと思います。
正しくテーピングを行うことで選手のパフォーマンスの向上、痛みの軽減など効果を得ることが出来ます。
トレーナーは、自分の診ている選手やチームが勝つことが出来ると、喜びや感動を共有することが出来ます。


(一社)キネシオテーピング協会では、いろいろな団体競技、スポーツのチームや団体などを応援するキャンペーンをこの春から予定しております。
詳しいことは追ってシクミネットやホームページ、SNS等を通じてご連絡いたします。
この企画は、チーム単位、団体競技を中心にキネシオテーピングを正しく理解し、使ってもらうためのものです。
今までキネシオテーピングを使ったことがないチームや指導者、トレーナーなども含め、会員の皆様は是非この機会を通じて多くの方に正しいキネシオテーピングを広めていただきたいと思います。
是非、この企画にご賛同の上ご活用ください。


今回の企画を通して、いろいろな競技、スポーツ、日本を盛り上げていきたいと思っております。


会員の皆様と一緒にオリンピックイヤーを楽しんで、「世界の健康をテープしよう!」を合言葉に2020年を頑張っていきましょう!


本年も宜しくお願いします。


2020年1月5日
(一社)キネシオテーピング協会
会長 加瀬 剛
このページのTOPに戻る