第35回キネシオテーピング学術臨床大会(オンライン:ライブ配信)発表者募集!

第35回キネシオテーピング学術臨床大会の発表者を募集(追加)いたします。

募集内容:臨床研究発表もしくは、ワークショップ、学術研究

臨床研究発表:症例に対してテーピングを行った経過、結果の報告

ワークショップ:テープの貼り方や見立てなど(効果的なテーピング、診たてなど)

学術研究:医学的・科学的な検査や数値に基づく、基礎研究、臨床研究など

募集人数:4名

応募方法:メールにて申込み

info@kinesiotaping.or.jp まで用件「発表者に応募」、お名前

締め切り:募集人数に達した時点(先着順)

提出物:応募者へ資料を送付いたします。

パワーポイント資料、抄録原稿(A4サイズ)、発表者写真(上半身)、発表内容の抄録原稿(A4サイズ)専用の書式あり

提出物期限:2021年10月17日(日)発表者写真、演題は、出来るだけ早くご提出願います。

学術臨床大会詳細は以下をご覧ください。

・配信日時:11月14日(日) 10時~17時(予定)発表者の最終人数により若干の変更あり

・配信方法:ZOOM

・資料:抄録集(PDFデータ)配信日の一週間前までに配信

・定員:100名

・参加費: 会員5,500円

一般11,000円

・お申込み方法:会員サイトのイベントよりお願いします。

メール:info@kinesiotaping.or.jp (用件とお名前を記載してください)

発表者と発表内容は、決まり次第追加記載いたします。

発表者:君塚 渉

演題:腰椎椎間板ヘルニア術後のDuchenne歩行に対するキネシオテーピング効果について

発表者:松永 美保子

演題:バネ指へのキネシオテーピングの効果

発表者:小樋 雅隆

演題:足部アライメントに対するキネシオテーピングRga静的バランス能力に及ぼす影響

会長講演:加瀨 建造名誉会長

演題:未定

※CKTI会員は、次回2022年度のCKTI資格更新の条件といたします。

今回の更新の条件は、この講座の受講のみとなります。

(すでに取得済みの)他の条件に付きましては、次回更新2024年(2025年度)の条件として繰り越しを認めます。

※配信を視聴するときは、インターネットの環境や視聴する機器により視聴環境が変わりますので、出来るだけ適した環境でご視聴ください。

お問合せ先:(一社)キネシオテーピング協会 事務局

メール:info@kinesiotaping.or.jp

電 話:03-3319-5381(平日9時~18時)