講座情報

基礎講座

この講座では、キネシオテーピング法の基本分野、基礎知識を学習します。
この講座は、キネシオテーピング法を初めて学ぶ人のための講座です。
キネシオテーピング協会が認定する資格の取得を目指す方は、この講座からの受講になります。
講座を6時間修了すると、CKTT(キネシオテーピング協会認定キネシオトレーナー)認定試験の受験資格が得られます。

内容

キネシオテーピング法の概念、開発の経緯、テーピングの効果などについての講義と、肩こり・腰痛・膝痛・捻挫など症例別にテーピングの練習(実習)を行ない、キネシオテーピング法の基礎知識と貼り方の基本を学び、効果を体験します。
※この講座を受講することで、キネシオテーピング法のあらましが理解でき、実践に必要な基礎を身につけることができます。

タイムテーブルの一例
時間 内容
10:00~11:30 概論: キネシオテーピング療法について
キネシオテーピングの効果
キネシオテーピングの種類
テープの取扱い・切り方
11:30~12:00 基本練習: 三角筋テープ・仙棘筋テープ
12:00~13:00 症状別貼り方・上肢: 手首の痛み
手、腕の痛みやしびれ
肘の痛み
腱鞘炎
五十肩
肩こり①・②
13:00~14:00 昼休み
14:00~15:30 症状別貼り方・下肢: 膝の痛み①・②・③
坐骨神経痛
足首の捻挫
足のけいれん・疲れ
股関節痛
15:30~17:00 症状別貼り方・その他: 寝違え
不眠症
ぜんそく
めまい・片頭痛
腰痛①・②

※講師によって、講座の進め方が変わる場合がございます、ご了承ください

講座一覧

日 時地 域会場名定 員申込詳細
2021/09/23(木)関東キネシオテーピング協会本部8名お申込み方法はこちら
2021/09/23(木)関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/09/25(土)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/09/26(日)東海刈谷市産業振興センター502会議室(JR刈谷駅北口すぐ横)6名お申込み方法はこちら
2021/10/03(日)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/10/03(日)関西エスポワール整骨院6名お申込み方法はこちら
2021/10/09(土)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/10/10(日)関東パーフェクトカイロα8名お申込み方法はこちら
2021/10/10(日)九州
キネシオひまわり6名お申込み方法はこちら
2021/10/17(日)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/10/23(土)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/10/23(土)中四国山陰中央新報 文化センター「松江教室」8名お申込み方法はこちら
2021/10/24(日)九州
キネシオひまわり6名お申込み方法はこちら
2021/10/31(日)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/11/03(水)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/10/31(日)東海刈谷市産業振興センター502会議室(JR刈谷駅北口すぐ横)6名お申込み方法はこちら
2021/11/07(日)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/11/13(土)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/11/14(日)関東パーフェクトカイロα8名受付終了
2021/11/21(日)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/11/21(日)東海刈谷市産業振興センター502会議室(JR刈谷駅北口すぐ横)6名お申込み方法はこちら
2021/11/23(火)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら
2021/11/27(土)
関東ヒカリエ療術院セミナールーム6名お申込み方法はこちら

適切な見立て&筋肉別テープ(上半身)講座

上半身の違和感に対する見立てと筋肉別テープを学習します。

例えば肩が痛くとなったときにテープをどこに貼ったら良いのか迷うこともあるでしょう。
テープは必ずしも痛い部位に貼るとは限りません。
そこで最適な場所にテープを貼るためにキネシオテーピング法では見立てを行います。

内容

【スクリーニングテスト】で身体全体のコンディショニングを見極め、
【関節可動域検査】で筋機能が逸脱している部位を探っていきます。
そして不具合のある筋肉群から筋肉テストを行って、本来備わっている力が発揮できていない筋肉を特定していきます。
これらの見立てによって特定された場所にテープを貼ることで、筋機能が正しく発揮され効果的なテーピングとなります。
基本的な見立てのポイントを学んで見立てとテープの実習を行います。

上半身のスクリーニングテストは4つあります。
・リンダーテスト1
・頚椎伸展テスト
・血管膨隆テスト
・ライトテスト
関節可動域検査は上半身の主な関節について実施します。

タイムテーブルの一例
時間 内容 テープの貼付
10:00~10:20スクリーニングテストとは見立てのポイント
10:20~11:20リンダーテスト 1上・中・下僧帽筋
広背筋
11:20~12:10頚椎伸展テスト前・中・後斜角筋
頭・頚板状筋
12:10~12:40血管膨隆テスト大菱形筋
(胸鎖乳突筋)
12:40~13:40昼休み
13:40~14:50ライトテスト上腕二頭筋、上腕三頭筋
棘上筋、棘下筋
円回内筋
(大胸筋 長掌筋 母指対立筋)
14:50~15:10関節可動域検査について測り方、見立て
15:10~16:10肩関節 屈曲、伸展、外転三角筋(前部・中部・後部)
肩関節 外旋、内旋小円筋、大円筋
肩甲骨 外転、内転前鋸筋、小胸筋
肩甲挙筋、(小菱形筋)
16:10~17:10頸部 伸展頭・頚最長筋、頚腸肋筋
胸腰部 側屈胸最長筋、胸腸肋筋
肘関節 屈曲腕橈骨筋
手関節 屈曲、伸展橈側・尺側手根屈筋、浅指屈筋
長・短橈側手根伸筋、尺側手根伸筋
回外回外筋
17:10~17:30その他

※講師によって講座の進め方は変わる場合があります。
※貼付するテープはテキストの中から必要な順に選択する場合があります。

講座一覧

適切な見立て&筋肉別テープ(下半身)講座

下半身の違和感に対する見立てと筋肉別テープを学習します。

例えば膝が痛くとなったときにテープをどこに貼ったら良いのか迷うこともあるでしょう。
テープは必ずしも痛い部位に貼るとは限りません。
そこで最適な場所にテープを貼るためにキネシオテーピング法では見立てを行います。

内容

【スクリーニングテスト】で身体全体のコンディショニングを見極め、
【関節可動域検査】で筋機能が逸脱している部位を探っていきます。
そして不具合のある筋肉群から筋肉テストを行って、本来備わっている力が発揮できていない筋肉を特定していきます。
これらの見立てによって特定された場所にテープを貼ることで、筋機能が正しく発揮され効果的なテーピングとなります。
基本的な見立てのポイントを学んで見立てとテープの実習を行います。

下半身のスクリーニングテストは4つあります。
・リンダーテスト2
・腹圧テスト
・パトリックテスト
・SLRテスト
関節可動域検査は下半身の主な関節について実施します。

タイムテーブルの一例
時間 内容 テープの貼付
10:00~10:20スクリーニングテストとは見立てのポイント
10:20~11:10リンダーテスト 2腰腸肋筋、腰方形筋
大腰筋
11:10~12:00腹圧テスト腹直筋、内・外腹斜筋
12:00~12:50パトリックテスト中殿筋、大殿筋、梨状筋
大腿筋膜張筋、縫工筋
12:50~13:50昼休み
13:50~14:50SLRテスト(腓腹筋)
(半腱様筋、半膜様筋、大腿二頭筋)
外側・内側広筋、前脛骨筋
14:50~15:10関節可動域検査について測り方、見立て
15:10~16:10股関節 内転長内転筋、大内転筋、薄筋、(恥骨筋)
股関節 屈曲腸骨筋
膝関節 伸展大腿直筋、(大腿四頭筋)
16:10~17:10足関節 底屈ヒラメ筋、長趾屈筋、長母趾屈筋
足関節 背屈長趾伸筋、長母趾伸筋
足関節 内がえし後脛骨筋
足関節 外がえし(長腓骨筋)
17:10~17:30その他

※講師によって講座の進め方は変わる場合があります。
※貼付するテープはテキストの中から必要な順に選択する場合があります。

講座一覧

症状別テープ(コレクションテクニック)講座

筋肉以外に起因する障害に対するテーピングを学びます。(靭帯、腱、筋膜、リンパ等)

筋肉に対するテープは張力をかけずに貼りますが、12種類のコレクションテクニックでは目的に応じて張力をかけながらテープを機能させていきます。
基本となるコレクションテクニックを使って様々な障害やその症状に対するテーピングを実習していきます。
テープの貼付に際して器質的な障害に対しては整形外科テストを行い、また、視診、触診によって体表面の見立てを行っていきます。

タイムテーブルの一例
時間 内容 テープの貼付
10:00~10:20整形外科テストについて整形外科テスト方法、体表面からの見立て
10:20~12:00コレクションテクニック機械的コレクション(Y字1型、Y字2型、I字型)
筋膜コレクション
筋・筋膜保持コレクション
狭間コレクション(I字、穴あき、短冊)
靭帯コレクション
腱コレクション
機能的コレクション
リンパコレクション
12:00~12:40頚椎症、頸肩腕症候群、肩鎖関節の損傷、
インピンジメント
12:40~13:40昼休み
13:40~14:40コレクションテクニック上腕二頭筋長頭腱炎、肘の内側側副靭帯損傷、外側上顆炎、テニス肘、野球肘、尺骨神経痛
14:40~16:40脊椎分離・すべり症、筋・筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、仙腸関節炎、大転子の痛み、腸脛靭帯炎、前十字靭帯損傷、オスグッドシュライダー、(半月板損傷)、ジャンパー膝、鵞足炎、膝の側副靭帯損傷(内側・外側)、外反母趾、足底筋膜炎
16:40~17:30顎関節症、三叉神経痛、肋間神経痛、自律神経失調症、鼻づまり、喉の痛み、胃もたれ、腹部痛、季肋部の痛み

※講師によって講座の進め方は変わる場合があります。
※貼付するテープはテキストの中から必要な順に選択する場合があります。

講座一覧

EDFテープ&実践テープ種類別講座

EDFテープ講座

皮膚の表層(表皮・真皮・筋膜(皮下組織))にアプローチするEDFテープについて学びます。

痛みのメカニズムや皮膚の構造を学びながら貼り方を実習していきます。
EDFテープは疼痛、腫脹、浮腫に対して効果的なテーピングです。
(海外の医療現場では手術後の疼痛に対して滅菌処理されたEDFテープを貼付しているケースもあります)

実践テープ種類別講座

テープの種類ごとの特性を活かしたアプリケーションを学びます。

症状によってアプリケーションを併用するなど臨床現場で必要な応用テクニックを実習していきます。

タイムテーブルの一例
時間 内容 テープの貼付
10:00~11:20EDFについて
Kinesio® Medical Tapingについて
皮膚の構造について
アプローチ対象について
FPテープについて
EDFの臨床事例
 
11:20~12:20EDFテープ
切り方、貼り方
 
12:20~13:20昼休み
13:20~14:50EDFテープ首、手首、腰、足首
14:50~15:40ジェリーフィッシュテープ
切り方、貼り方
肩、膝
15:40~17:30PW、CL、PP各種テープスノーフレーク、バスケットウィーブ、熊手状テープ

※講師によって講座の進め方は変わる場合があります。
※貼付するテープはテキストの中から必要な順に選択する場合があります。

講座一覧

企画講座・特別講座

指導員などの資格を取得するためのキネシオテーピング講座とは別に、各種のスポーツや福祉、介護など健康に関連する、あらゆる分野でのキネシオテーピング講座があります。内容も簡単な入門編から専門的なものまで、多岐にわたっています。

さまざまなジャンルや目的に応じたテーピング法をマスターすることで、キネシオテーピング法の幅広い理解と習得が可能になります。是非受講してみてください。

企画講座例【各種スポーツ編】

この講座では、さまざまなスポーツでおこる代表的なスポーツ障害に対する見立てと施術について学びます。
それぞれの障害に対してトータル的な見立てが出来るように、”キネシオ的見方”についても学びます。

見立てとは、スクリーニングテストや筋肉テストなどを駆使して、具体的なテーピング部位を絞り込むことです。
また、施術とは、絞り込んだテーピング部位に対して筋肉テーピングや特殊テーピングなどを行い、障害の改善を目指すことです。

バスケットボール、テニス、サッカー、バレーボール、ランナー、ゴルフ、野球/上肢編、野球/下肢編等…

企画講座例【各種スポーツ編】

この講座では、代表的な障害部位に対する見立てと施術について学びます。
それぞれの障害に対してトータル的な見立てが出来るように、”キネシオ的見方”についても学びます。
見立てとは、スクリーニングテストや筋肉テストなどを駆使して、具体的なテーピング部位を絞り込むことです。施術とは、絞り込んだテーピング部位に対して筋肉テーピングや特殊テーピングなどを行い、障害の改善を目指すことです。

脊椎分離症、筋・筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニア、腕の使いすぎからくる腰の痛み、足の疲れからくる腰の痛み、内臓異常による腰の痛み、股関節、骨盤の異常から起こる腰痛、半月板損傷、内側側副靭帯損傷、前十字靭帯損傷、シンスプリント、鵞足炎、腸脛靭帯炎、ランナー膝、上腕二頭筋腱滑膜炎、手首の痛み、手根管症候群、肘内側上顆炎、頚椎捻挫(ムチウチ)、肩鎖関節捻挫、肩腱板損傷等…

講座一覧